緑いっぱいの芝生にするには!?手入れを怠らないようにする

定期的な手入れをすることで緑いっぱいの芝生になってくれる

緑いっぱいの芝生にするには!?手入れを怠らないようにする

芝生

芝が良く育つ条件

芝が良く育つ条件としては、まずは気候や日当たりなどです。芝生の種類によって育ちやすい季節は異なりますが、日当たりの良い場所であれば基本的には良く育ちます。また、土壌や水はけ、風通しなどの条件も整っている方が育ちやすくなります。どれか一つが優れていれば良いというものではなく、トータルで良い条件であるということが重要です。

芝生用の殺虫剤について

芝生は風通しがいい場所だと病害虫が発生する可能性は低くなりますが、そうではない場所や虫が湧いてしまった場合においては芝生用の殺虫剤を活用する必要があります。様々なメーカーから発売されていますが、子供やペットのいる家庭の場合は注意が必要です。安全性の高いものが多いですが、薬剤が乾くまでペットや子供が芝生に入らないようにした方が確実でしょう。

芝刈り機の選び方

芝生は手入れをすることできれいで健康な状態を保つことが出来ます。そのために必要な芝刈り機の選び方ですが、まずは広さで動力を選びます。狭ければ手動式で広くになるに連れて電動式やエンジン式を検討しましょう。刈り刃はリーズナブルなものはロータリー式ですが、リール式の方が仕上がりがきれいで芝も傷めませんし作業音も静かです。

専門業者の利用

芝生の手入れを自分で行うのが面倒な場合には専門の業者を利用することで解決できます。プロなので理想の芝生にするための相談も可能です。

手入れが楽な芝生の種類ランキング

no.1

強くて手入れも楽なTM9(ティーエムナイン)

TM9(ティーエムナイン)は、高麗系芝の芝生で草丈が短く徒長することがないので刈り込みの頻度が数ヶ月に1回程度で良いという種類です。病気や寒暖に強いのも特徴です。

no.2

緑が濃い!キリシマターフ

キリシマターフは踏み付けや擦り切れに強いタイプの芝生です。野芝並にダメージに強く緑が濃いのが特徴で、伸びる速度も遅いので刈り込み回数が少なくて済みます。

no.3

昔から自生している野芝

東北から九州にかけて自生していた種類が野芝で、日本の環境に合った種類なので育てやすいです。競馬場やゴルフ場のラフでも使用されています。

広告募集中